神奈川・東京を中心に船釣り、ボート釣り、陸っぱりを愛する釣り人が綴る情報発信ブログ

タイの巨大魚で筋トレ!ブンサムラン・フィッシングパーク

メコンオオナマズ

ご無沙汰しております!太郎(@taro_note)です。

 

変なウィルスで大変なことになってますね!私も、ほぼ外へ出ず、自炊100%、釣りにすら行かず、万全の体制で引きこもりライフを送っております。

時間だけはあるので…去年タイに行ってきたときの事を書こうと思います。

腹が強いか強くないのか

気になりますよね!まずは初日にテスト。

 

クンテンという、生きた川エビを辛いソースであえた食べ物。タイ人でも躊躇する人はするらしいです。

 

蓋をして、振ることでエビが脳震盪を起こし、その間にパクっと食べます。

美味いけど、めちゃくちゃ辛い!

腹はなんともなく、とりあえず初日の身体測定 お腹のテストはクリア○です。

ブンサムラン・フィッシングパーク

3人でタイにきたのですが、うち一人はホテルでゆったりしたいと。「え?なんでこんな暑いのにわざわざ釣りなんかしなきゃいけないの?」と分かるようなわからないような事を言われました。

そして、もうひとりの相棒【アフター6BOY】と行ってきました。

バンコクからタクシーで1時間30くらいの楽園に。

アジア南国の巨大釣り堀

「あ!ここで糸垂らしてみたい」という感覚になります!

とにかく広い。公式サイトによると面積128,000平方メートル。

横浜スタジアムが3つすっぽり入ってもお釣りが来る広さ。

そして水深30―50メートル。この中にでかい魚がうようよいる…

受付のおばちゃんと話して、フィッシングガイド、竿餌、すべて揃っているセットにしました。このセットで12時間釣りができるみたいですね。

ガイドは気さくなアニキ!

楽しげなお兄さんがリアカーみたいのに、釣り道具を乗せてくれて釣り場所まで向かいます!ほんと広いので端まで行くと歩いて3.4分かかります笑

餌はパン耳と粉を混ぜて、水を加えます。そして、針にパン耳を4.5個ぶっ刺して、周りをパン耳で固める。

針に指したパン耳が食わせる餌で、まわりのパン耳と粉が撒き餌みたいな感じでしょうか。

キャスティングが難しい…

基本は餌づけから、キャスティングまでアニキが全部やってくれます。釣り人はかかるのを待つだけ。

でも俺は自分でやりたい派なんで、キャスティングにも挑戦。

これが難しい…。竿が大物用で固いから反発を生かしきれない。飛ばない。

魚のいるポイントまで届かない。アニキはほんと上手いんです。

ヒット

糸が走り、アニキが合わせをくらわせます。

そしておまえやるか、みたいな感じで竿を渡してくれます。

結構な手応え。ドラグをきかせつつポンピングで巻き上げてきます。

そして…

パーカーホ

パーカーホ

コイ目の中で最大の魚。最大で3m、300キロになるらしいです。

重い引き

続いて、ヒット。ずっしり重い。

そして、こっちが引こうとすると走りだす。

走ってるときは絶対止められない。有無を言わさず走る。

陸が近くなると、それに気づくのかまた走る。汗だらだら、熱い…。

でかい!

メコンオオナマズをゲット!

でがすぎて、写真撮る手がふるえちゃったみたいです笑

おそらく30キロぐらい。自分の釣りの中で最大でした。

そのあともメコンオオナマズを追加。

一人3.4本を超えるとさすがにきつくなってくる…ほぼ筋トレです。

力の入れ方間違えると、腰がイカれるかもです。

「交代してほしい」みたいに言うと、ガイドが「He is Lady boy!」ってはしゃぐので要注意笑笑

また行きたい!

日本で30キロオーバーの魚と出会うのってそうそうないから、経験値アップにもなったし、雰囲気最高だし、ガイドもいい人だし、飯も美味いし、最高な休日になりました!

次回行くときは、冷房付きバンガローで1日じっくりやりたいな笑

タイの他の遊びメモ

釣り以外です。

早い!安い!危険!バイタク

基本はすり抜け。足出してると、足なくなります。

エンジン剥き出し渡し船

エンジンにカバーがないんですよね…。親父さんも裸だし。基本、隠さないスタイル。

ハンドガン・ライフル・ショットガン

おそらくOBがやってる闇業者。場所はまさかの軍の中。途中で車の中から戦車見えます笑

スポンサーリンク